焼結サマリウムコバルト磁石

1:5タイプおよび2:17タイプの焼結サマリウムコバルト磁石は、第2世代および第17世代の希土類永久磁石と呼ばれています。 1:5タイプはXNUMX:XNUMXタイプをベースに開発されています。 Neodymium magnets dominated the market of rare earth permanent magnets since its inception and then Samarium Cobalt magnets are marginalized seriously due to magnetic performance, complex processing technologies, and costs.ネオジム磁石は、その誕生以来、希土類永久磁石の市場を支配しており、サマリウムコバルト磁石は、磁気性能、複雑な処理技術、およびコストのために深刻な限界に達しています。 But in fact, sintered Samarium Cobalt magnet is still playing an irreplaceable role in high-temperature and high temperature stability applications which is not possible forしかし実際には、焼結サマリウムコバルト磁石は、高温および高温安定性の用途では依然としてかけがえのない役割を果たしています。 ネオジム磁石。 The research of high-performance sintered Samarium Cobalt magnets has never stopped, thus complex multistage heating treatment and microstructure control promoted magnetic performance of Samarium Cobalt magnets to an extreme.高性能焼結サマリウムコバルト磁石の研究は止まることなく、複雑な多段熱処理と微細構造制御により、サマリウムコバルト磁石の磁気性能が極限まで向上しました。 United States Department of Defense demanded that enhance the maximum operating temperature of sintered Samarium Cobalt magnet to the 500 degrees Celsius from 300 degrees Celsius to meet the new applications in aerospace in 1997. In the meanwhile, some higher high-end applications like travelling wave tube and internal device also asked reversible temperature coefficient of sintered Samarium Cobalt magnets should have small enough absolute value.米国国防総省は、7年の航空宇宙での新しいアプリケーションに対応するために、焼結サマリウムコバルト磁石の最大動作温度を摂氏XNUMX度から摂氏XNUMX度に上げることを要求しました。一方、走行波管などの一部のハイエンドアプリケーションまた、内部デバイスは、焼結サマリウムコバルト磁石の可逆温度係数が十分に小さい絶対値を持つ必要があることも求めました。 Therefore, TbCuXNUMX-type structureしたがって、TbCuXNUMX型の構造 Sm2Co7ベースの磁石 出現し、広く懸念を集めました。

焼結サマリウムコバルト磁石-メイン

焼結サマリウムコバルト磁石の製造工程

焼結サマリウムコバルト磁石-製造

焼結サマリウムコバルト磁石の磁気特性

材料グレード

残留磁気

Br

飽和保磁力

HCB

固有保磁力

Hcjは

マックス。

エネルギー

製品

(BH)maxの

キュリー

温度

Tc

最大オペラテム。

Tw

温度係数。 Brの温度係数。 Hcjの
TKGSkAの/メートルKOEkAキロエルステッドkJの/メートル3MGOe%/℃%/℃
SmCo系5レコ5-16S0.79-0.847.9-8.4620-6607.8-8.3≥1830≥23.0118-13515-17750250-0.035-0.28
レコ518S0.84-0.898.4-8.9660-7008.3-8.8≥1830≥23.0135-15117-19750250-0.040-0.28
レコ520S0.89-0.93 8.9-9.3684-7328.6-9.2≥1830≥23.0150-16719-21750250-0.045-0.28
レコ522S0.92-0.96 9.2-9.6710-7568.9-9.5≥1830≥23.0167-18321-23750250-0.045-0.28
レコ524S0.96-1.00 9.6-10.0740-7889.3-9.9≥1830≥23.0183-19923-25750250-0.045-0.28
(SmGd)Co5 LTC-100.62-0.666.2-6.6485-5176.1-6.5≥1830≥23.075-889.5-11.0750300

20-100℃:+0.0156

100-200℃:+0.0087

200-300℃:+0.0007

– 
Sm2(Co、Fe、Cu、Zr)17RE2Co17-24H0.95-1.029.5-10.2692-7648.7-9.6≥1990≥25.0175-19122-24800350-0.025-0.20
RE2Co17-26H1.02-1.0510.2-10.5740-7889.4-10.0≥1990≥25.0191-20724-26800350-0.030-0.20
RE2Co17-28H1.03-1.0810.3-10.8756-8129.5-10.2≥1990≥25.0207-22026-28800350-0.035-0.20
RE2Co17-30H1.08-1.1010.8-11.0788-8359.9-10.5≥1990≥25.0220-24028-30800350-0.035-0.20
RE2Co17-32H1.10-1.1311.0-11.3812-86010.2-10.8≥1990≥25.0230-25529-32800350-0.035-0.20
RE2Co17-220.93-0.979.3-9.7676-7408.5-9.3≥1433≥18.0160-18320-23800300-0.020-0.20
RE2Co17-240.95-1.029.5-10.2692-7648.7-9.6≥1433≥18.0175-19122-24800300-0.025-0.20
RE2Co17-261.02-1.0510.2-10.5748-7969.4-10.0≥1433≥18.0191-20724-26800300-0.030-0.20
RE2Co17-281.03-1.0810.3-10.8756-8129.5-10.2≥1433≥18.0207-22026-28800300-0.035-0.20
RE2Co17-301.08-1.1010.8-11.0788-8359.9-10.5≥1433≥18.0220-24028-30800300-0.035-0.20
RE2Co17-32
1.10-1.1311.0-11.3812-86010.2-10.8≥1433≥18.0230-25529-32800300-0.035-0.20
RE2Co17-26M1.02-1.0510.2-10.5676-7808.5-9.8955-143312-18191-20724-26800300-0.035-0.20
RE2Co17-28M1.03-1.0810.3-10.8676-7968.5-10.0955-143312-18207-22026-28800300-0.035-0.20
RE2Co17-30M1.08-1.1010.8-11.0676-8358.5-10.5955-143312-18220-24028-30800300-0.035-0.20
RE2Co17-32M1.10-1.1311.0-11.3676-8528.5-10.7955-143312-18230-25529-32800300-0.035-0.20
RE2Co17-24L0.95-1.029.5-10.2541-7166.8-9.0636-9558-12175-19122-24800250-0.025-0.20
RE2Co17-26L
1.02-1.0510.2-10.5541-7486.8-9.4636-9558-12191-20724-26800250-0.035-0.20
RE2Co17-28L
1.03-1.0810.3-10.8541-7646.8-9.6636-9558-12207-22026-28800250-0.035-0.20
RE2Co17-30L1.08-1.1510.8-11.5541-7966.8-10.0636-9558-12220-24028-30800250-0.035-0.20
RE2Co17-32L1.10-1.1511.0-11.5541-8126.9-10.2636-9558-12230-25529-32800250-0.035-0.20
(Sm、Er)2(Co、Tm)17LTC-160.81-0.858.1-8.5605-6697.6-8.4≥1592≥20117-12714-16840300

-50-20℃:+0.005

20-100℃:-0.008

100-200℃:-0.008

200-300℃:-0.011

 LTC-18 0.85-0.908.5-9.0629-7087.9-8.9≥1592 ≥20127-14316-18840300
 LTC-200.90-0.949.0-9.4661-7328.3-9.2≥1592 ≥20143-15918-20840300
 LTC-220.94-0.979.4-9.7685-7408.6-9.3≥1592 ≥20159-17520-22840300
  • 磁気特性および物理的特性の上記データは室温で与えられます。
  • 磁石の最高使用温度は、長さと直径の比率、コーティングの厚さ、およびその他の環境要因によって変更可能です。

焼結サマリウムコバルト磁石の物理的性質

パラメーター ユニット SmCo系5 Sm2Co17
密度/ρ グラム/ cmの3 8.1-8.5 8.3-8.5
ビッカース硬度 HV 450-500 500-600
圧縮強度 メガパスカル 420-680 700-830
電気抵抗率 Ω・cm (5-6)x10-5 (8-9)x10-5
Coeff.係数。 of Thermal Expansion熱膨張 10-6/K

C⊥:13

C∥:6

C⊥:11

C∥:8

異なる磁性材料間の性能の違い

材料

(BH)maxの

MGOe

Hcjは

キロエルステッド

Brの

%/℃

Max.最大Operating Temper動作温度

防食機能
SmCo系516-2515-25-0.05200-250グッド
Sm2Co1722-326-30-0.03250-350グッド
Nd2Fe14B26-5212-33-0.1180-230悪い
フェライト3.0-4.53.0-4.5-0.19200-300グッド
アルニコ5-101.0-1.8-0.03450-500優れた

注意:

  • 実際、焼結サマリウムコバルト磁石は、固有の脆性のため、構造部品としては適していません。
  • SmCo系5 磁石はSmに比べて機械加工が比較的簡単です2Co17 磁石。
  • 非磁化サマリウムコバルト磁石を購入するお客様は、飽和磁化を確保するために適切な磁化装置を装備する必要があります。
  • SDMは、過酷な環境で使用するコーティングされたサマリウムコバルト磁石も提供します。